『プリンセス・マーケティング』概要と感想

ライティングにはある程度型が決まっている。PREP法だとか、PASONAの法則だとか。
これらは確かに有効で、とても重宝します。

しかし、ターゲットが男女によって、訴求したいことをどのようにして型に落とし込むかは明確ではありません。
ここに構成力の差が出てきます。

そこで知っておきたい本が、今回ご紹介するものです。

今回読んだ本は、『プリンセス・マーケティング 「女性」の購買意欲をかき立てる7つの大原則』です。

この本は、女性の購買意欲をかき立てる文章のために、女性を「プリンセス」と見立てることによってその心理を想像しやすくする方法を解説しています。

ちなみに女性の購買心理を分かりやすくするために、男性の購買心理についても触れているので、結果として男女両方の購買心理について解説されています。

女性はお姫様。男性は戦士

「女性はお姫様」なんてと言うと、お姫様扱いで何でも言うことを聞くべきというように受け取られるかと思いますが、(一部そういう側面はありますが)少し違います。

これは女性がどんなメッセージに惹かれ、どのようにして信頼や共感を持ち、どうして欲しいと感じ、何に満足するかといった、一連の購入プロセスの在り方を「プリンセスの物語」として例えられています。

一方男性は「戦士」と書かれていますが、これはつまりはヒーローです。
最初はうだつの上がらない主人公がすばらしい武器や師匠と出会い、鍛錬によって誰もが憧れるヒーローとなる。

プリンセスとヒーローの違いは、絶対評価か相対評価です。

プリンセスは王子様と結ばれて幸せになれれば、他の誰かを蹴落とす必要はありません。
一方男性は「誰よりも強い」からこそヒーローなんですよね。昨今のヒーロー・プリンセスはちょっと違う側面もありますが。

こういった男女による価値観や感じ方の傾向の違いを、プリンセスとヒーローの物語になぞらえて紹介しているのが本書です。

女性はこう。男性はこう。というものではない

ここで一つ注意なんですが、「女性はこういうもの。男性はこういうもの。」と偏見を書いたものではありません。

同じ女性同士でも男性同士でも、価値観が千差万別なのは当然です。

この本で語っているのは、あくまでマーケティング・セールスライティングにおける効果的なものの見方なのです。

「多くの女性があてはまるか」という観点はあまり重要ではありません。

本のレビューにそういった意見が散見したので、そのあたりは注意してください。

そりゃあ男性だって「周りを蹴落としてでも上に行きたいですか?」って聞かれたらほとんどの人が「そんなことないです」って言いますよ。
ですが、「平均以上の年収が欲しいですか?」って聞かれたら多くの人が「できれば欲しい」って言うはずです。

あてはまるかどうかなんてその程度のお話です。

とりあえず男性は必見

まず間違いなく、男性は読むべきです。

120度ぐらい違う視点が得られます。90度とか180度とかいうきりの良い綺麗な違いではないです。

この視点の差が意識になければ、「市場調査してペルソナを策定して女性向けのコンテンツを作る準備万端!」と言って男性向けの訴求をすることになります。

その点この本を読んでおけば、コンテンツを作る前に一度立ち止まって考えるクセがつくはずです。

それだけで惰性で進めるのとは雲泥の差になりますよね。

一方女性でも読む価値は十分にあると私は思っています。

同じ女性だから多数派の女性の気持ちが分かるかと言うとそんなことはありませんし、この本は男性の考え方もあるため、いずれにしても参考にはなります。

さいごに

唯一デメリットだと感じたのは、同じような言葉が続いていて、「ここ読んだっけ?」となる場面が多かったことです。個人的には冗長だと感じる部分もありました。

ですので、読み切るのに若干根気が必要になるかもしれません。

しかし、視点が広がったという意味ではここ最近読んだ実用書の中で特に良かったと思った本です!

こういった重要なことをきちんと言語化してくれる良書はまさにお宝です。

異性向けのマーケティング・ライティングをする際は、ぜひご一読されることをおすすめします。