小説

1/2ページ
小説の紹介をいたします。

『蚤とり侍|小松重男』感想

  • 2018.12.05

忙しいのを言い訳に簡単に感想を書くよー! 今回読んだ本は、「蚤とり侍|小松重男」です。 映画が気になったのが読むきっかけ この本は、阿部寛さん主演の映画になっています! 「蚤とり侍」は、自らが仕える藩主への失言が原因で「ねこののみとり(職業名)になってしまえ!」と言われ藩を追い出されてしまった元エリート侍が、本当に「猫の蚤とり」として働く物語です。 ねこののみとりとは? 「蚤とり侍ってどういう意味 […]

『普通』って何だろう。「コンビニ人間」あらすじと感想

  • 2018.11.07

こんにちは。 この物語はハッピーエンドか、バッドエンドか、議論になりそうですね。 今回読んだ本は、「コンビニ人間|村田沙耶香」です。 以前から気になってはいたのですが、今回文庫化したので手を出してみました。 コンビニ人間、久しぶりに長い間意識に残り続ける作品でした! 何が凄いって、これ、コンビニ店員の生活を書いただけの作品なんです。 それがこんなに社会と個性について考えさせられる物語になっているこ […]

死は残された人によって決まる。『人魚の眠る家|東野圭吾』

  • 2018.10.16

こんにちは。 ここのところ天気が落ち着かないですね。 秋の始まりはこんなもんだったっけ。 私はお仕事に追われています。 読書の秋をもっと満喫したいなぁ。。 さてさて、今回は小説を読みました! ここのところ実用書と交互ですね! 今回読んだ本は、『人魚が眠る家|東野圭吾』です。 このブログで東野圭吾さん初めて書いた気がする。 やはり安定の面白い作品でした。 ちなみにこの本、映画化も決まっているみたいで […]

『あの家に暮らす四人の女 | 三浦しをん』あらすじと感想

  • 2018.09.24

こんにちは。 忙しさにかまけているうちに、気が付いたら涼しくなっていました。 蝉の声が鈴虫の声に変わっていた事に昨晩気が付いて、ちょっとびっくりしております。 秋という季節は、読書はもちろん芸術や食も楽しめるのでとても好きです。 洋服も秋物が一番好き。 忙しいばかり言ってないで、好きな季節ぐらいはしっかりと楽しみたいと思います。   さて、今回は『あの家に暮らす四人の女|三浦しをん』を読 […]

『江ノ島西浦写真館/三上 延』- あらすじと感想

  • 2018.08.07

こんにちは! ここ最近すごく暑いですね! 仕事も忙しく若干バテ気味です。。 がっつり焼肉でも食べてエネルギー補給したい今日この頃です。 それでも読書はやめないですよー! 今回読んだ本は『江ノ島西浦写真館/三上 延(光文社文庫)』です! あの『ビブリア古書堂の事件手帖』の作者さんの新しい作品ですね。 私はビブリア作品も写真も好きなので、思わずこの本を手に取ってしまいました! 後悔しているわけじゃない […]

『少女/湊かなえ』- あらすじと感想

  • 2018.07.20

こんにちは! 本の感想をものすごく久しぶりに書いている気がします。 実際そんなでもなさそうですが。。 副業の方が結構忙しく、今までのペースで無理なくやろうとしていたらもっと欲しいと言われてしまったので、最近はもっぱらそちらに時間が割かれています。つらい。。 とはいえ、そんな中でも読書はしたい! …と言うことで今回読んだ本は、『少女/湊かなえ(双葉文庫)』です。 前回は当分実用書ばかりになるって言っ […]

感想『クジラの彼/有川浩』

  • 2018.05.27

こんにちは。 先日、少し前に胃腸炎だったのですが、復帰して久しぶりの焼肉に行きました。 美味しかった、上ハラミが特に! 部位や切り方によって全然違うのです。奥が深いですよね…‼︎ 美味しいものをたくさん食べたい今日この頃です。笑   話が変わりますがこの前、私が読書管理の為に登録しているSNSの”読書メーター”で、前回書いた八咫烏シリーズのブログ記事を読んで興味を […]

感想『玉依姫/阿部智里』

  • 2018.05.21

こんにちは 雨が続いたかと思えば、途端に暑くなってきました。 梅雨が過ぎて夏ですか? まだ5月ですよ? 暑いのは嫌いです。。 冷たいうどんや冷やし中華が食べたいですね、この季節の熱々料理なんかも好きですけどねー!     さてさて、今回は熱く語りたい作品なのです! 今回読んだ作品は八咫烏シリーズの『玉依姫/阿部智里 (文春文庫)』です! 八咫烏シリーズとは 本作品は阿部智里さん […]

感想『パラドックス実践 雄弁学園の教師たち/門井 慶喜』

  • 2018.05.14

雄弁。素晴らしい事ですね。 私には無い能力です。すごく羨ましい。。 『沈黙は金。雄弁は銀。』なんて諺がありますが、 沈黙の後、しかるべき所で雄弁を振るう力が無ければ、それはただの受け身です。 いつも面倒臭くなって受け身になりがちな私には難しい課題ですよ。。   今回読んだ小説は、スピーチやディベートの力をつけ主義主張を前面に出せる人材を育成する事最大の力を注ぐ、 “雄弁学園& […]

感想『本日は、お日柄もよく/原田マハ』

  • 2018.05.07

私は謝らなくてはなりません。。 この本のタイトル、表紙、本当は作者名も全体を通して 「オトナ女子向けエッセイっぽさを感じる」などという戯言を言い、自分は対象外であると勝手に距離を置いておりました。 でもちょっと視野を広げたいと思い手に取ってみたところ、凄く面白かったのです! 今回読んだのは、『本日は、お日柄もよく/原田マハ(徳間文庫)』です。 スピーチライターのお仕事小説 今回から、あらすじを自分 […]