『一瞬で心をつかむ77の文章テクニック』を読みました

『一瞬で心をつかむ77の文章テクニック』を読みました

こんにちは。
風邪も少し落ち着いてきて、読書する余裕が生まれてきたので嬉しいです。

そういえば、風邪の対策を色々調べたら面白い本がありました。

野口晴哉さんの『風邪の効用』という本なんですが、

著者さんは整体の方なのですが、その業界では風邪はからだの不整合(?)を正常化させる作用がある為、
ポジティブなものとしてとらえられているようなんです。
この本をしっかり読んで風邪に対する価値観が変われば、人生ちょっと得するかも知れないですね。今度読んでみようっと。

さて、今回読んだのは風邪の本ではなく、ライティングの本です!
LightingではなくWritingです。

タイトルは『一瞬で心をつかむ77の文章テクニック』。

うん、心を掴む為の手法を書いてる本だけあってちょっと魅力的なタイトル。

 

本ブログでは小説だけでなく、自己啓発にも励んでみようかなと考えております。

 

「こういうのは仕事で文章書いてる人が読むもの」と思う方も多いかと思います。

でも侮る事なかれ。

本書は仕事で人を惹き付ける文章を書く仕事の人だけではなく、仕事の企画書やブログなどでも使える他、

私自信が読んで気づいた点ですが、広告や雑誌、小説のタイトル等にも様々なテクニックが使われていて、本屋での楽しみ方が増えそうな内容なのです!

そして本書は文章に関わらず、「伝え方」の引き出しを増やす機会にもなるだろうなと思います。一読の価値ありです。

    ・良かった点

  1. タイトル、見出し、書き出し、文章の構成に至るまでテクニックが紹介されているので、書き方だけでなく、どう書くか悩んだときにも使える
  2. “どう書いていくか”という思考のプロセスまで書いる点が親切
  3. 具体的に世間によく知れた商品名や文章を引き合いにだしていて、関心を持ちやすい
  4. 目次からテクニックを選んで、プロセスに沿って文章を書けそう
    ・悪かった点

  1. たまにお手本の文章より、悪い例として書かれた文章の方が惹き付けられる(たぶん好みの問題)
  2. 侮るなかれとは言ったものの、文章書く意思のない人が楽しいのは前半だけに思われる(前半はタイトル・見出し。後半は文章)