『羊と鋼の森』を読みました

『羊と鋼の森』を読みました

こんにちは。
風邪ひいて治ったかと思えば仕事が忙しくなり落ち着いたかと思えば風邪をひき、、を繰り返していたら二度目の投稿にして結構な間隔が空いてしまいました。笑

これじゃあ三日坊主にもなりませんね。これから頑張って投稿します。

 

さてさて!

本題の読書第一号はこちらです。
タイトルでもうお分かりかと思いますが、『羊と鋼の森』です。

 





 

あらすじ

主人公の外村は高校生の時、偶然学校のピアノを調律する板鳥と出会います。

そこで彼の調律に魅せられた外村は、以来調律師になる事を目指し夢を叶えます。

ただ、彼のゴールは調律師になるという所ではなく、理想とする音を作る事。

理想の音を求めてひたむきに頑張る外村が、職場の先輩(板鳥のいる職場)やピアノ演奏をする双子の姉妹との出会いを通して調律の森、ひいては人生の森へと深く入り込んでいく。

そんなお話です。

感想

『音』の表現がとても綺麗

最初調律師の話と聞いて、専門性高そうだし読みにくいかなと思ったのですが、本屋大賞にも選ばれるだけありとても読み易い文章でした。

また、この本は見識を深めるというよりも、調律(音楽)というものを入口に、芸術という大きなものについて考えを広げているような、そんな本です。

何より凄いなと思ったのが、主人公が幼い頃過ごしていた大自然の中にある様々な『』の表現。

静寂の中で自然の営みが生み出す音をすごく丁寧に表現されているなと感じました。

調律だけでなく、人生についても考えられる

羊毛フェルト鋼の弦により音を出すピアノ。

完璧や正解と断言できるものが無い芸術の世界という深い森で、自分の答えを探す主人公の成長の物語です。

主人公がまた良くも悪くも素直過ぎるんですよね!

人のアドバイスを全力でメモして、自分と合わない意見にはウンウン悩んで、器用に要領よく振舞えばいいところで真面目過ぎちゃったり。

そんなまっすぐな青年の話だからこそ、まっすぐに作中の言葉が染み込んでくるし、この作品が音についてだけじゃなく人生についても考えさせられるんだろうなと感じました。

 

そして作中最後の壁を乗り越える際のカギとなったもの。

伏線もあったりするのですが、これを読むと人生無駄な事だらけではないんじゃないのかな、と思えます。

どんな経験も、自分の引き出しを増やすものなのだろうなと。

そう思ったりもできて、何とも言えない安心感を抱いて読み終える事ができました。

最後に

最後にこの作中で気に入った文章を出します!これを見るだけでこの作品の魅力がある程度伝わるであろう文章!!

察しの良い人にはネタばれにもつながるので、見る時は注意してください。
見る方はこちら

 

競技や仕事としてではなく、人生を豊かにする為の芸術を好む人には共感できる点の多い作品ではないかと思います。

私はこの本すごくお気に入りになりました!

興味の湧いた方はぜひ読んでみてください。