『蚤とり侍|小松重男』感想

『蚤とり侍|小松重男』感想

忙しいのを言い訳に簡単に感想を書くよー!

今回読んだ本は、「蚤とり侍|小松重男」です。

映画が気になったのが読むきっかけ

この本は、阿部寛さん主演の映画になっています!

「蚤とり侍」は、自らが仕える藩主への失言が原因で「ねこののみとり(職業名)になってしまえ!」と言われ藩を追い出されてしまった元エリート侍が、本当に「猫の蚤とり」として働く物語です。

ねこののみとりとは?

「蚤とり侍ってどういう意味?」

という方がいらっしゃると思いますので、簡単に説明しましょう!

 

猫の蚤取り」は、猫の蚤を取るという名目で家にお邪魔し、依頼主の女性に性的なサービスをする現代で言う「男娼」です。

これは、間違っても侍がやる仕事ではないようですね。

 

それを藩主の命令として本当にやっちゃう主人公がこの仕事に価値を見いだし活躍していくお話です。

侍や商人の時代を描く短編集

注意点として、この本は短編集です。

そして、作品毎の繋がりはほぼないです。

「蚤とり侍」が目的で読もうと思った方(私です)、「想像と違った」という方が多くいるのでご注意ください。

感想

時代を感じさせる言葉遣いで、小気味よいリズムで読み進められます。

古い漢字が若干多いので、調べながら読むことになる可能性もありです。

歴史の授業じゃ知ることのない、当時の色んな仕事を知られるのも魅力かなと思います。

映画がすごく面白そうだったので、そのうち見たいと思います!

あとがきに映画の感想書くのもありですかね?

 

今回も読んでいただきありがとうございました!